ネイルサロンで注文できるネイルの基本デザイン

ネイル初心者必見!基本デザインから学ぶネイルの魅力

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ネイルの歴史は意外と深い?

ネイルの基本といえばフレンチネイルです。このネイルはアメリカが発祥で、フランス人の美しい爪をモチーフにしています。 シンプルで万人ウケするネイルと好評で、ネイルにあまり関心の無い男性からも好印象です。オフィスにもぴったりのデザインが多いです。 続きを読む

王道のフレンチデザインを学ぶ

爪を装飾するといえばちょっと上の年代だとマニキュアのみでしたが、現代にはスカルプやジェルネイル、カルジェルなど様々な方法で爪をキレイに彩れます。ここではそんなネイルのデザインや種類、歴史に触れています。
ネイルの歴史はとても古く、なんと古代エジプトで既にネイルと言う文化がありました。その当時はヘナや植物の汁を使って爪を染め、オシャレを楽しんでいました。古代エジプトでは赤が太陽や地の色である赤が好まれていて、女性を官能的に魅せてくれる色と言われていました。
ギリシャ時代には爪の色で身分を表していて上の身分になる程、濃い色の使用が許されていました。中世・ルネッサンスになると芸術文化が盛んになりバレエなど演劇のキャラクターを演じる為に指先に装飾をするのが流行となりました。
日本にネイルが伝わったのは飛鳥・奈良時代で、そこでも赤色が美しいとされていました。平安・江戸時代と時代は移り変わりますがネイルは少しずつ発展していきました。
そして1980年代にネイル技術を職業とする、この当時はマニキュアリストやネイルサロンが輩出されました。1985年にネイリストに名称を変え、1990年代から今に至るまでネイルブームが続いています。
近年では自爪では無くアクリルを使ったスカルプやUVで硬貨するジェルネイルを使って、自爪を保護しながらオシャレを楽しめる様なサービスも人気を得ています。そんな歴史深いネイルのデザインにスポット当てています。

カラーネイルは無限大!

近年では子供用のネイルがある様に、爪にカラーを施すのは当たり前とも言われています。そんなカラーネイルですが、デザインや色使いによっては個性的だったり、定番だったり様々な表情を見せてくれます。 セルフネイルにも最適なカラーネイルデザインを紹介します。 続きを読む

インパクト大!3Dネイルのデザイン

ストーンやビジューだけではなくアクセサリーをそのまま乗せたりアクリルパウダーを乗せて立体アートを施したりと3Dネイルは自分だけのデザインを楽しむのにぴったりの方法です。 控えめにラメを乗せたりフレンチやカラーネイルと合わせたりする事でより華やかなデザインになります。 続きを読む

▲トップへ戻る