ネイルサロンで注文できるネイルの基本デザイン

ネイル初心者必見!基本デザインから学ぶネイルの魅力

ネイルの歴史は意外と深い?

定番のフレンチはクリアとホワイト

フレンチネイルといえばピンクの爪床と、爪先の白い部分を強調したネイルデザインで、健康的で女性的なイメージを与えてくれる定番のデザインです。
爪床は基本的にクリアを使い、爪先の部分はホワイトを使うとよりナチュラルな雰囲気になるので、オフィスネイルとしてもぴったりです。長さを出さずに入ればネイルだと気づかれにくいですし、フォーマルな場所でも問題ありません。
ちなみに爪の色が悪い場合はクリアで無くピンクを使うとキュートな雰囲気になりますし、爪先の部分に小さなストーンやブリオンを付けると華やかな印象になります。
デートやフォーマル、ビジネスにもOKなフレンチネイルは定番ながら、様々な場所やシーンで活用出来るネイルです。

変形フレンチはいかが?

控えめで女性らしいフレンチも、変形デザインにすれば個性的になります。別の項目で説明した様に、フレンチは爪床と爪先の部分で色を変えるデザインですが、その比率を変えるだけで個性的なデザインになります。
まず爪先の色を大きく入れる逆フレンチデザインは、清潔感を持たせながら洗練された印象があります。変形フレンチと言ってアーチ型のフレンチではなく斜めにしたり、ギザギザ、急斜面を作ったりするデザインです。
どちらのデザインも1色は派手な色でも良いですが、もう一色はクリアやピンク、ベージュなど自爪に合わせた色だとなじみやすく下品になりません。爪先の部分にタイダイやピーコックを持ってくるのも、オリエンタルな雰囲気が出て良いです。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る